半端ない!蒼きヒーローのマスク割れ&スーツ破壊で溢れる超ヤラレ感!

全体:11月:0週:0日:0

蒼き戦士「哮神ガイオン」は、地元の資産家で有力企業の御曹司が、凶悪化する犯罪組織から市民の平和を守るため、自ら開発したスーツを着用して戦うヒーロー。

ヒーローのやられ、哮神ガイオンのマスク割れ、スーツ破壊

そのガイオンの前に自作のアーマーに身を包んだ、黒い噂のある新興会社の社長が現れた。その狙いはガイオンンスーツのシステムと戦闘データを奪うことであった。そして、事業に邪魔な正義のヒーローを排除することも目論んでいた。

ヒーローのやられ、哮神ガイオンのマスク割れ、スーツ破壊

「強引にいかせてもらおう。」
敵はそういうと、ガイオンに襲い掛かった。

ヒーローのやられ、哮神ガイオンのマスク割れ、スーツ破壊

「なんて力だ・・・。」
敵の力はガイオンがこれまで経験したことがない自分を数段上回るもので、ガイオンの攻撃はことごとく跳ね返され、一方的にやられてしまう。
「頑張りは認めてやろう。だが所詮は、小僧は小僧だ。」

ヒーローのやられ、哮神ガイオンのマスク割れ、スーツ破壊
ヒーローのやられ、哮神ガイオンのマスク割れ、スーツ破壊

敵の一撃でガイオンのマスクが破損。素顔がのぞく。
「スペックの違いか・・・。」
ガイオンの意識は次第に遠のいていった。「待、て、、、、」

ヒーローのやられ、哮神ガイオンのマスク割れ、スーツ破壊
ヒーローのやられ、哮神ガイオンのマスク割れ、スーツ破壊

顔に冷たさを感じて、ガイオンは目を覚ました。夜明けに降り始めた小雨が、ガイオンを濡らしていたのだった。

ヒーローのやられ、哮神ガイオンのマスク割れ、スーツ破壊

「ようやく、ヒーローのお目覚めかな。」
夢うつつの中にいたガイオンは敵の野太い声で現実に引き戻された。
「来ないのかね?さあ来いっ!」とガイオンを挑発する。

ヒーローのやられ、哮神ガイオンのマスク割れ、スーツ破壊

ガイオンは起き上がって、再び敵と対決。

ヒーローのやられ、哮神ガイオンのマスク割れ、スーツ破壊

しかし、ガイオンは敵に傷一つつけられず、全くかなわない。
「弱いっ!、弱すぎる。そんなザマで何を守るんだね?」
敵はそういうと、ガイオンの胸部を長柄武器で滅多打ちにし始めた。

⇒【ファンケル】パソコン・スマホで駆使した目に!スマホえんきん

引き用元サイト: 趣味、特撮ヒーロー観賞。

記事元url: http://shenshikanshou.blog.fc2.com/blog-entry-229.html

アクセスランキング