エラーが発生しました。ご指定のフィードは現在利用できないようです。後ほどもう一度お試しください。

立憲民主党の枝野代表、「アイドル論」を語る「欅坂46の同調しない反骨心に共鳴した」

全体:2月:1週:0日:0

1: 2017/11/17(金) 12:45:58.05 ID:ARTZu6UeM.net
先の衆院選で野党第1党に躍り出た立憲民主党。同党の枝野幸男代表はアイドル好きとしても知られている。
いまや飛ぶ鳥を落とす勢いのアイドルグループ、欅坂(けやきざか)46の『不協和音』は、枝野氏の愛唱曲だ。
最近この曲の歌詞が、民進党分裂から立憲民主党結党に向かう政局を”予言”したものだったと、報道関係者やネットユーザーの間で騒がれた。

「ここで同調しなきゃ裏切り者か」

ほかにも多くのフレーズが当時、前原誠司民進党前代表が進めた希望の党への合流に焦燥していた、枝野氏の立場や心境にピタリと符合するというのだ。

10月2日に産経ニュースが報じたところによれば、同月1日、前原氏の真意がつかみきれずに疲労困憊していた枝野氏は、
「1人カラオケに行きたいよ。『不協和音』を歌うんだ」と、記者たちの前でつぶやいたという。まるで、自分の気持ちはこの歌と同じだ、と暗示するかのような口ぶり。
はたして、どれくらい意識していたのか。直接本人にインタビューした。
http://toyokeizai.net/articles/-/197068

続きを読む

引き用元サイト:AKB48まとめ 48年戦争

記事元url: http://akb48nensensou.net/archives/52456521.html

アクセスランキング