現在の秋元康のお気に入りが判明・・・

全体:51月:1週:0日:0

1: 2017/12/16(土) 00:13:12.40 .net
伊集院光:セカンドユニットで、ラストアイドルからは落ちちゃったんだけど、その子たちでユニットを組みましょうの中で、いよいよその子たちの曲を発表します、と。

秋元康:うん。

伊集院光:「プロモーションビデオを撮りましょう」って段階になって、メインの子が足を折っちゃったのよ、些細なアクシデントで。

秋元康:はい。

伊集院光:そうすると、周りにいる大人たちは、「お前、一番大事な時になにをやってくれてんだ!」って話になるんだけど、一番怒っていい秋元康は、「じゃあ、ちょっと歌詞を変えるね」って始まるの。

秋元康:うん。

伊集院光:「人生の一番大事な局面でつまづいちゃった子たちが立ち上がる」っていう詩に、僕、書き直すって言い出して。

秋元康:うん。

伊集院光:で、振り付けも変えてくれ、と。

秋元康:うん。

伊集院光:全員のダンスを一回、白紙にして、真ん中に足を折って座ってる子がいて。

秋元康:うん。

伊集院光:周りの子が一生懸命唄って、最後の一節だけその子立ち上がるっていうダンスに変えるのね。なんですかね、あの切り替えの早さっていうか。

秋元康:やっぱり、僕らの仕事っていうのは条件反射だと思うんですよね。

伊集院光:ああ。

秋元康:あらかじめ、映画でもなんでも絵コンテを描いて、そのとおりに撮ったものが面白いかった言うと、そうじゃないじゃないですか。

伊集院光:うん。

秋元康:その現場にいて、何か思いついたりしたことの方が面白いと思うんですよね。

伊集院光:うん。

秋元康:まずセンターの子が骨折しちゃいました、と。で、ミュージックビデオが撮れません、と。「その子を外してやりますか?」って言われたけど、せっかくだからそれはやらせてあげたほうがいい、と。

伊集院光:ふふ(笑)

秋元康:「じゃあ、足が痛くて、全然ダメなの?」って言ったら、「いや、そんなことないです」と。「ただ、激しいダンスができないんで」「じゃあ、イスで座ればいいんじゃないの?」ってところから始まるんですよね。

伊集院光:あれもね、絶対にオンエアされてすぐネットでは、「秋元、やりやがったな」っていう。
https://www.youtube.com/watch?v=Wxj_DKu-eiU


続きを読む

引き用元サイト: AKB48まとめ 48年戦争

記事元url: http://akb48nensensou.net/archives/52625096.html

アクセスランキング