エラーが発生しました。ご指定のフィードは現在利用できないようです。後ほどもう一度お試しください。

【悲報】AKBにオファー来たCMが坂道に回されていた【ソースあり】

全体:4月:0週:0日:0

1: 2017/11/08(水) 18:54:07.99 ID:rTFXwr/U0.net
テレビCM激減の「AKB48」 業界は「乃木坂46」「欅坂46」シフト

AKB48の“異変”は昨年からうかがえた、と指摘するのは、さる広告業界関係者である。

「ニホンモニターが定期的に発表している『タレントCM起用社数ランキング』という調査があります。
2011年には19社に起用された大島優子がランキング1位で“CM女王”となり、翌12年には板野友美と篠田麻里子が揃って20社でトップだった。
それ以下の位置にも、メンバーがランキング入りしていたのです。
ところが15年にHKT48の指原莉乃、卒業していましたが大島優子が共に10社のCMに起用されたのを最後に、16年のランキングからはAKB勢が姿を消してしまっていたのです」

 最新の2017年上半期の結果を見てみても、14社でトップの広瀬すず、10社の綾瀬はるかや有村架純らが続くランキングに、AKB勢の名前はない。

 もちろん現在でも、川栄李奈が“織姫”を演じるauのCMや、島崎遥香を起用した「ハロウィンジャンボ宝くじ」のCMなど、卒業生が出演する例はあり、またローカルに目を向ければ、現役メンバーでも地方企業と組んだケースはある。

 だが、かつてカゴメの「野菜シスターズ」シリーズで見せたような、数人のメンバーたちが揃って登場する全国区CMは見かけなくなったのは確か。
前田敦子や渡辺麻友らが世の殿方を元気づけた「WONDAモーニングショット」(アサヒ飲料)も、昨年からビートたけしや劇団ひとりバージョンが放送されている……。

“坂道”に仕事が

 こうした状況はファンの間でも認識されているようで、昨年「週刊ポスト」(2016年8月19/26日号)が“グループセットで9000万円~1億円”のCMギャラを報じた際には、“今そんな価値ないだろ”と自虐的な話題にもなった。

「今では、AKBの新規のテレビCMはゼロに近い。
『グループ』としての広告はWEB限定公開ものの類か、AKBとコラボしたソーシャルゲームくらいですよ。
全国的に知られたテレビCMでいえば、去年終了した『レイク』が最後ではないでしょうか」(芸能記者)

続きを読む

シェアする

引き用元サイト:AKB48まとめ 48年戦争

記事元url: http://akb48nensensou.net/archives/52404580.html

アクセスランキング